2019年03月06日

外壁塗装 DIY

外壁塗装ってDIYできるんでしょうか。

平屋ならできなくはないかもしれませんが、2階建ては足場がないと難しいですね。


平屋建ての場合、DIYで難しいのは色合わせです。売っている塗料の色をそのまま使うのが無難です。

市販塗料の色の例はこんな感じ
これはエスケー化研の外壁塗料の色です。

s400_407_esuke_kaken_color_.jpg


既成塗料は色が決まっています。
あなたの家の色と同じものはまずありませんから、似たものか、思い切って別の色に変えるのも良いかもしれませんね。


DIYでは
まずは足場の不要な平屋で
扱いやすい水性塗料で
プロ並みは期待しないで
やってみるのなら良いかもしれません。


もちろん技術力がある方はプロ並みの仕上がりが期待できますが、そうでない方は、付いてはいけないところに塗料がついたりして、思ったほどの仕上がりにはなりにくいです。


本当にきれいに仕上げたいなら、餅は餅屋で、塗装は塗装屋さんに任せるのがおすすめです。



posted by こねこ at 19:38| Comment(0) | 外壁塗装 DIY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月04日

外壁塗装 悪徳業者

外壁塗装は、ここ数年でとても一般的な工事になりました。チラシや訪問営業を受けた方も多いのではないでしょうか。

普通の延べ面積120m2前後の住宅で、外壁塗装が200万円とか150万円とか言うのは、明らかに高すぎます。

この規模の住宅だと、耐用年数15年のフッ素樹脂塗料を使っても110万円前後です。

このように、定価がないので見積りは自由につけられますが、明らかに高すぎる業者は悪徳業者の可能性があります。


今なら50万円値引きするといって契約を急がせる。
今はいらないと言っても帰らない。
一見、きちんとした身なりをしている。

特に契約を今すぐにと急がせる業者は、ほぼ悪徳業者です。

こんな業者の工事は、3年で塗装が剥げてきたりします。しかもクレームを入れようにも電話が繋がりません。つながっても適当にあしらわれて、クレームに応じようとしません。

ネットで口コミを調べると、悪い評判がいっぱい出てきます。


悪徳業者らしい業者に出会ってしまったら、今は必要ないときっぱりと断りましょう。

電話番号などは教えないようにしましょう。
相手の名刺は証拠としてもらっておくといいかもしれません。



posted by こねこ at 21:04| Comment(0) | 外壁塗装 悪徳業者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

外壁塗装 費用

外壁塗装はここ3年ほどで、だれでも知っているほど広く浸透しました。暖かい時期になれば、近所で何件も外壁を塗り替えています。

ところで費用はいったいいくらかかるのでしょうか。
実は外壁塗装は意外に費用がかさみます。

・塗料にも安いものから高価なものまでランクがあります。

・塗装するときは、下地処理が命です。手作業や高圧洗浄で外壁をきれいにします。

・家の周囲に足場を組みます。窓などをきれいにマスキングします。

今現在の主流と言えるフッ素樹脂系塗料を使用して、延べ100u程度の一戸建てで、80万円前後かかります。

見積もりを取って、足場代、養生費、下地調整、塗装工程、運搬費などがきちんと明記されているか確かめましょう。

外壁塗装工事一式 ○○万円なんていう見積書は手抜きもいいところです。足場代無料なんていう言葉にも騙されてはいけません。必ずどこかに上乗せしています。

まずは、信頼できる中立的な立場の、塗装業者以外の第3者に依頼するのがいいと思います。

その一つがご紹介する「外壁塗装の窓口」です。
累計利用者10万人突破。
塗装業者からいきなり営業電話がかかることがありません。

⇒ 外壁塗装の窓口 公式サイトはこちらから


posted by こねこ at 21:44| Comment(0) | 外壁塗装 費用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
外壁塗装で20年」の先頭へ  
SEO対策テンプレート